21:27 2019年08月22日
メルケル首相、できるだけ早期の対ロ制裁解除を望む

マスコミ報道「メルケル首相、できるだけ早期の対ロ制裁解除を望む」

© AP Photo / Markus Schreiber
政治
短縮 URL
227

ロイター通信がドイツ議会の与党キリスト教民主同盟の議員達の発言を引用して伝えたところでは、ドイツのメルケル首相は、できるだけ早く対ロシア制裁が解除される事を望んでいるが、その可能性は今のところないと見ている。

議員達によれば、キリスト教民主同盟の会合で、メルケル首相は「対ロシア制裁の解除は、明日より今日の方がいいが、そのためには、必要不可欠な諸条件が遂行されなければならない」と述べた。

今月1日、メルケル首相は「ミンスク合意が最後まで遂行されないため、我々は、対ロ制裁を続けなくてはならなくなるだろう」と述べる一方で「制裁は『ミンスク合意Ⅱ』が遂行されれば、解除される」と付け加えた。

タグ
対露制裁, アンゲラ・メルケル, 欧州, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント