20:57 2018年01月22日
東京0°C
モスクワ-8°C
    米国 総額8億8000万ドルの兵器を欧州へ売却する計画

    米国とロシア、依然世界最大の武器輸出国

    © Flickr/ Etienne Zajega
    政治
    短縮 URL
    0 16

    米国とロシアは依然として主要な通常兵器の世界最大の輸出国である。ストックホルム国際研究所SIPRIが明らかにした。

    報告書は2011年から2015年までの主要な通常兵器と軍事装備の供給データの発表に関連して作成された。

    アサド大統領
    © Sputnik/ Aleksei Druzhinin
    SIPRIのランキングによると、最大の武器供給者5カ国が世界全体の武器輸出の33%を占めており、そのトップは米国。

    米国製武器の最大の需要者は中東で、全体の41%を占める。米国の最大の顧客はサウジアラビア(9.7%)、アラブ首長国連邦(9.1%)、トルコ(6.6%)となっている。

    米国からの主要な通常兵器の供給は、全体として、過去5年間で27%増加した。

    最大の輸出国のランキングの2位がロシアで、シェアは25%に達した。ロシア製武器のこの5年間における主な需要者はインド(39%)、中国(11%)、ベトナム(11%)の3カ国。

    最大の輸出国、第三位はフランス(シェア5.6%)で、以下中国(5.9%)、ドイツ(4.7%)と続く。

    全体では、2011年から2015年の間における主要な通常兵器の国際供給は、その前の5年間に比べて14%増加した。

    タグ
    武器・兵器, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント