14:01 2021年01月27日
政治
短縮 URL
4222
でフォローする

米CIA及びNSAの元長官マイケル・ヘイデン氏は、ロシアのラヴロフ外相の電子メールアドレスへのアクセスを得るためなら何でもする覚悟だった、と語った。

これはヘイデン氏が、ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に個人的なメールボックスから機密性の高いメールを送信していたことに対する意見を記者らに求められて述べたもの。

「私がまだNSAで働いており、セルゲイ・ラヴロフらの個人的電子メールボックスが保護されていないと言われたなら、私は何をすることも厭わなかった」。タスが伝えた。

タグ
露米関係, 中央情報局, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント