07:41 2020年10月27日
政治
短縮 URL
ウクライナ危機 (347)
125
でフォローする

ロシア、ドイツ、フランスそしてウクライナの所謂「ノルマンジー4カ国」の外相会談がパリで行われたが、交渉の主要な項目である、ドンバス(ウクライナ東部・南部)地域での選挙準備問題に関し、合意に達する事が出来なかった。

ラヴロフ外相は、会談終了後、次のように述べた―

「残念ながら、主な点、つまり選挙準備問題に関しては、交渉プロセスを見る限り、進展はなかった。ウクライナ当局は、選挙実施問題をドンバス側と合意しなくてはならないとの義務を、全く実現できていない。」

ここ数週間、紛争当事者双方は、両者が接触するラインに沿った全域で、状況が複雑かつ困難になったと指摘している。休戦違反が報告され、迫撃砲で攻撃したとの非難の応酬が続いている。

トピック
ウクライナ危機 (347)
タグ
セルゲイ・ラブロフ, ウクライナ, フランス, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント