12:46 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    中国駐在のアンドレイ・デニソフ・ロシア大使

    中国駐在ロシア大使:北朝鮮の新たなミサイル発射は「挑発行為」

    © Sputnik/ Host photo agency/Sergey Pyatakov
    政治
    短縮 URL
    0 55651

    中国駐在のアンドレイ・デニソフ・ロシア大使は、ラジオ・スプートニクの独占インタビューに応じた中で「18日金曜日に朝鮮民主主義人民共和国が行った、2発の弾道ミサイルの新たな発射は、彼らによる恒例の挑発行為である」 とコメントした。

    デニソフ大使は、次のように述べている―

    「ここ最近、そしてここ数時間の出来事は、我々皆の共通の失望を呼びおこし、北朝鮮当局は、なぜ、今の状況から何も学ばないのかと言わせている。彼らは、今のところ理性の声に耳を貸さず、挑発行為としか言いようのない、いつもの行動をとった。そのため、朝鮮半島の核問題をめぐる状況は、さらに悪化してしまった。

    朝鮮半島での状況がエスカレートした事に関連し、現在、関係当事国全ての努力をまとめ上げる事が、極めて必要となっている。

    現段階では、最近採択された国連安全保障理事会決議の条項を徹底遵守する事が求められている。この決議は、北朝鮮側に、かなり厳しい制裁措置を課している。決議の遂行は、言うまでもなく、この決議を採択したすべての国々の連帯と協調行動を求めている。

    我々は、起こっている出来事を注意して見守り、北朝鮮のパートナー達の挑発的でかつ無謀な行動の結果生じている追加的リスクを、いかに最小限に抑えるかについて考えることになる。」

    タグ
    北朝鮮, 中国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント