02:25 2019年12月12日
ヨルダン王、欧州のテロにおけるトルコの役割について米国議員らに語る

ヨルダン王、欧州のテロにおけるトルコの役割について米国議員らに語る

© AP Photo / Alexander Zemlianichenko
政治
短縮 URL
5211
でフォローする

ヨルダンのアブドラ国王は秘密会合の中で米国議員らに対し、トルコのエルドアン大統領は、地域問題に対する「イスラム過激派」的解決を提案しており、テロリストらの欧州への侵入は「トルコの政策の一部」であると語った。

また、2016年の初め以降、リビアにおける作戦には、英国の特殊空中部隊が動員されている、と述べた。また、英国軍は、アサド政権軍と戦ったシリア南部の機械化大隊の形成にも関与していた。ガーディアン紙が会話の内容を聞き出すことに成功した。

ガーディアン紙によれば、2016年1月11から17日までの期間、ヨルダンのアブドラ国王は米国議員らに対し、英国の特殊空中部隊が動員されている、と述べた。リビアの状況についてはジョン・マケイン議員も知らされていたという。国王はまた、トルコのリーダーによってもたらされる危険性について、米国の政治家らに警告した。

タグ
テロ, トルコ, ヨルダン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント