22:59 2019年07月21日
エルドアン大統領

アル・モニター、米国の参加によるエルドアン大統領に対する陰謀説を展開

© AP Photo / Emrah Gurel
政治
短縮 URL
371

米国で実業家レザ・ザッラブ氏が逮捕されたとのニュースはトルコのエルドアン大統領とその側近にとって悪いニュースだった。分析ポータルアル・モニターが報じた。

「多くの人が、米国に到着したらすぐに逮捕されるということをザッラブ氏が知らなかったはずはなく、もし(米国当局との)契約がなかったのなら、米国には行かなかっただろうと考えている。彼はトルコ当局者に関わる、エルドアンへの圧力の道具となり得る情報を連邦当局に開示しているのかもしれない」。

ザッラブ氏は19日、トルコおよびアラブ首長国に送金システムと企業のネットワークを作ってイランが米国の制裁を回避する助けをしたとの容疑で、フロリダ州の連邦当局により逮捕された。

「よくある質問は、情報暴露でザッラブ氏は誰を破滅させるのか?というものだ。多くの人が、もし今回の逮捕劇の背後に何らかの大規模な陰謀があるなら、そのタイミングがエルドアンと米国、欧州連合(EU)、ロシアとの関係が緊張しているこの今であることは、何者かがトルコ大統領の排除を欲しているということの証拠であり得る、と考えている」。

関連:

トルコ大統領、「ロシアは2人のパイロットのせいでトルコという友を失くした」
トルコ大統領 米国にトルコとクルドのどちらかを選ぶよう求める
トルコ大統領の会談の意思をプーチン大統領は把握
タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, トルコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント