08:24 2019年04月19日
アサド大統領

ロシア外務省:アサドはロシアでなく西側の友人だ

© Sputnik / Aleksei Druzhinin
政治
短縮 URL
1242

ロシアはシリアでアサド大統領を支援しているのではない。アサド大統領はかつて一度としてロシアの親友だったことはなく、国の崩壊を防ぐために努めている。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が述べた。

「我々はアサドを支援しているのではない。彼は我々の親友ではなく、西側の友人だった。我々は、合法的な政府、政権の維持を支援したのだ」と報道官。大統領が退陣すれば政府も退陣する。すると行政府と軍が崩壊する。するとテロリストがシリアに対し、リビアが「気楽な散歩」に見えるようなことをするだろう、と報道官。

同時に、アサド大統領はシリア現体制にいくつかの変更を行う準備を示しているとの情報もある。

関連:

シリア在野勢力 アサド政権側に北朝鮮の「危険な決死隊」の存在を指摘
アサド大統領「シリアは独立をめざす戦争を遂行中だ」
プーチン大統領、アサド大統領と会談
タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント