17:12 2019年10月16日
ナゴルノ・カラバフでの紛争悪化のイニシアチブを取ったのはトルコ?

ナゴルノ・カラバフでの紛争悪化のイニシアチブを取ったのはトルコ?

© Sputnik / Ilya Pitalev
政治
短縮 URL
1131
でフォローする

1991年にアゼルバイジャンから独立を宣言した飛び地で、国として認められていないナゴルノ・カラバフ共和国のダヴィド・ババヤン大統領報道官は、地域の紛争悪化にトルコが関与している可能性があると発表した。Panorama.amが2日、報じた。

報道官は、次のように述べた-

「我々は、このようなアゼルバイジャンの行動について、アゼルバイジャンのイニシアチブだけであるはずがないと常に発表してきた。あらゆる可能性から判断して、特にトルコなど、特定の勢力がアゼルバイジャンを支持している。」

ババヤン報道官によると、地域では1994年以来このような紛争の悪化はなかったという。

報道官は、「アゼルバイジャン軍は重火器を使用し、接触ラインの特定の場所で侵入を試みたが、相応の報復を受け、初めの位置まで戻り、大きな損失を被った」と述べた。

紛争地域の状況悪化が明らかになったのは2日午前。なおアゼルバイジャンとアルメニアは、起こっている出来事について異なる情報を伝えている。

アゼルバイジャンは、敵の人員や機器の多くの機器の破壊について発表し、アルメニアはアゼルバイジャン軍の大きな損失について語っている。

ロシアのプーチン大統領はすでに紛争当事者双方に一刻も早い停戦を呼びかけた。

ナゴルノ・カラバフは、1991年にアゼルバイジャンから独立を宣言した飛び地で、主にアルメニア人が住んでいる。アゼルバイジャンは、軍事作戦によって同地を再び支配下に置こうとしたが、失敗した。1994年、アゼルバイジャン、アルメニア、国として認められていないナゴルノ・カラバフ共和国は、ロシア仲介のもとでビシュケク議定書に調印した。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, アゼルバイジャン, アルメニア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント