04:03 2018年11月17日
法律事務所「モサック・フォンセカ」 文書の漏えいは「犯罪」

法律事務所「モサック・フォンセカ」 文書の漏えいは「犯罪」

© Fotolia / Kungverylucky
政治
短縮 URL
2910

多数の金融取引文書がメディアの手にわたったパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)」の代表者は、これらの文書の開示は「犯罪」であり、パナマへの「攻撃」であると発表した。

「モサック・フォンセカ」の開設者の1人、ラモン・フォンセカ氏は、AFP通信に、「これは犯罪だ。刑事犯罪だ」と述べ、複数の国は顧客の誘致における同社の成功をよく思っていないため、これはパナマへの攻撃だと語った。

独紙「南ドイツ新聞」は、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」の文書を入手したと発表した。「南ドイツ新聞」は文書について、各国の指導者やその側近たちがマネーロンダリングのスキームや税金逃れに関与していることを物語っていると主張している。

なお文書の真正性は誰によっても確認されていない。「モサック・フォンセカ」は、文書の信憑性を証明するのを拒否した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント