01:59 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    Генеральный секретарь НАТО Йенс Столтенберг в Брюсселе

    NATO事務総長 オバマ大統領と欧州におけるロシア抑止計画について協議

    © REUTERS/ Yves Herman
    政治
    短縮 URL
    6013

    北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が4月4-7日に米国を訪問し、米指導部とテロ対策や欧州における「防衛と抑止力」に関するNATOの政策実現について協議する。「防衛と抑止力」は、まずロシアへの抵抗という意味で用いられている。

    トランプ
    © AFP 2017/ Joshua Lott
    ホワイトハウス報道部によると、オバマ米大統領はストルテンベルグ事務総長との会談で、ブリュッセルでのテロを背景にNATOのパートナーたちとの結束を確認する意向。

    ホワイトハウスは、NATO事務総長の訪問について、「NATOによって具現化されている大西洋のパートナーシップに米国が付与している重要性を強調しており、変化する戦略的環境に応じたNATOの変化は、世界秩序の維持を保証し、米国とNATOの全加盟国およびパートナーたちの利益を促進させる」と指摘している。

    関連:

    NATO司令官、対ロシア偵察機の使用再開をEUに促す
    ポーランド国防相、NATO正式加盟を発表
    NATO事務総長 NATO分裂を試みているとしてロシアを非難
    ロシア―NATO会議、初夏までに実現か
    ナルィシュキン氏:NATOの目的は安全保障ではない、対立だ
    タグ
    露米関係, NATO, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント