03:14 2020年08月14日
政治
短縮 URL
8205
でフォローする

パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」の秘密文書を入手した調査報道の国際コンソーシアム(ICIJ)のジェラルド・ライル事務局長は、近いうちにも「たくさんの米国人の名前」を公表すると発表した。

ライル氏によると、ICIJは米国の政治家のデータは持っていないが、米市民については近いうちにも公開する予定だという。なお新たなデータ流出の可能性についての詳細は、今のところ伝えられていない。

ライル氏は、「パナマ文書」に基づき、新たな資料の公表を続けると約束し、同プロセスにICIJのメディアパートナーが加わったと指摘した。

 

 

関連:

露大統領報道官「プーチン大統領には、様々な分野に大変多くの友人がいる」
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント