07:43 2020年09月27日
政治
短縮 URL
840
でフォローする

月曜日夕方、パナマ検察は、いわゆる「パナマ文書」の公表に関し、刑事犯罪として調査を開始すると伝えた。

ドイツの新聞報道によれば、パナマの法律事務所モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)から流出した内部文書は、一連の世界の指導者や彼らに近い人達が、パナマにあるタックスヘイブン(租税回避地)を利用した闇の金融取引に関与している事を証拠立てるものだ。

今のところ「パナマ文書」の真偽については、公式には確認されておらず、モサック・フォンセカ社自身は、その真偽の確認を拒否し、ジャーナリストらの行為は犯罪であると非難している。同社の創設者の1人、ラモン・フォンセカ氏は「一部の文書は、実際盗まれたものだ」と主張したが、詳細には言及しなかった。

なおパナマ当局は、国際協力の用意のあることを明らかにした。それが実現すれば、調査のために必要不可欠な情報の入手を助ける事になる。

 

 

関連:

露大統領報道官「プーチン大統領には、様々な分野に大変多くの友人がいる」
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント