18:14 2021年10月16日
政治
短縮 URL
6159
でフォローする

ケリー米国務長官は、他のG7各国の外相と一緒に、広島平和記念公園内の平和記念資料館を訪問した後、原爆の被害を受けても唯一形が残った広島の原爆ドームを訪れた。

ケリー長官は、米国による原爆投下に対して公式な謝罪をしなかったが、この訪問から強い印象を受けたと指摘した。

ケリー長官は、展示について、核兵器のない平和を創造し維持する全ての人の義務について言及しているとの考えを示した。

ケリー長官はまた、平和記念資料館の重要性と人類を核兵器から解放する重要性を強調したほか、核のない世界が達成可能な目標であるとの確信を示し、そのために米国がロシアと緊密に協力していると語った。

ケリー長官は、「私たちの国は、核のない世界の概念を理解しており、この兵器をどのようにして相互に放棄するかについての対話を続けている」と指摘し、ゴルバチョフ大統領とレーガン大統領の時代に両国の核ポテンシャルを5万発の核弾頭から1500発にまで削減したことについて言及し、「我々も先へ進む用意がある」と述べた。

関連:

モスクワでラブロフ・ケリー会談始まる
ケリー米国務長官、モスクワに音楽をプレゼント?
ケリー国務長官 モスクワに到着:会談では「特別なテーマ」について協議
露外務省 ケリー米国務長官のロシア訪問が肯定的成果を生むよう期待
タグ
米国, ロシア, ジョン・ケリー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント