01:18 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    パリ裁判所 「ラシヤ・セヴェードニャ」代表部の銀行口座凍結は不法だと認める

    パリ裁判所 「ラシヤ・セヴェードニャ」代表部の銀行口座凍結は不法だと認める

    © Fotolia/ Andrey Burmakin
    政治
    短縮 URL
    124890

    15日金曜日、パリの第一審裁判所は、ロシア連邦に対する旧「ユコス」社の訴えの枠内で、国際情報通信社「ラシヤ・セヴォ―ドニャ」代表部のフランス国内の銀行口座にある資金凍結について『不法である』と認めた。

    リア-ノーヴォスチ通信が入手した裁判所の決定の中では「この件に関し判事たちは、同通信社の口座凍結を解除する決定を下した」と述べられている。

    また裁判所は、Hulley Enterprises Limited社が出していた損害賠償請求を退け、同社に対し訴訟費用の支払いを命じた。

    なおHulley社の代表らは、この判決を不服として控訴した。

     

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント