15:10 2017年10月23日
東京+ 22°C
モスクワ0°C
    第2四半期におけるブレント原油の平均価格はバレル当たり36ドルとなる、ドーハ会議は失敗だった―バークレイズ

    第2四半期におけるブレント原油の平均価格はバレル当たり36ドルとなる、ドーハ会議は失敗だった―バークレイズ

    © AP Photo/ LM Otero
    政治
    短縮 URL
    0 32430

    2016年第2四半期のブレント原油の平均価格はバレル当たり36ドルとなるだろう。英国の銀行バークレイズの専門家が予測を示した。

    アナリストによると、原油価格に影響を与える主な要因は引き続き市場での供給過剰である。

    17日開催された原油生産量凍結に関する主要産油国のドーハ会議は不首尾に終わり、そのことは石油輸出国機構(OPEC)がもはや市場の安定を維持することができないということを投資家らに確信させた、という。

    「会議は完全な失敗だった。交渉の失敗は、OPECの重要性が失墜したことを市場に明確に示した」。ロイターが伝えた。

    タグ
    石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント