06:57 2017年10月20日
東京+ 12°C
モスクワ+ 6°C
    国連のサマンサ・パワー国連大使

    「なぜウクライナに武器を与えないか?」米国連大使が明らかに

    © AFP 2017/ Timothy A. Clary
    政治
    短縮 URL
    ウクライナ危機 (340)
    51300125

    国連のサマンサ・パワー国連大使は「米当局は、キエフ当局に致死的兵器を与えない。なぜなら、ドンバス地域での紛争をエスカレートさせたくないからだ」と述べた。テレビ「Russia Today」が伝えた。

    パワー国連大使は、次のように説明した―

    「ホワイトハウスは、紛争の軍事手段による解決は、あらゆる人々を破滅させると考えている。もし我々がウクライナに、もっと兵器を供与するならば、はるかに多くの人々が命を失うだろう。」

    現時点において、米国は、ウクライナに対し、無線通信用など非致死的機器、食料品や、軍装備購入用資金などを供給している。

    トピック
    ウクライナ危機 (340)
    タグ
    武器・兵器, ウクライナ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント