10:49 2018年09月20日
米国、春の終わりまでに9月11日のテロへのサウジの関与に関するデータを公開

米国、春の終わりまでに9月11日のテロへのサウジの関与に関するデータを公開

© AFP 2018 / Seth Mcallister
政治
短縮 URL
2522

米国当局は5月末までに2001年9月11日のテロに関する最後のレポートの公表を決定するだろう。元米上院議員ボブ・グラハム氏の言葉をロイターが伝えた。

2003年に作成されて一般には公開されなかった28ページの捜査資料が公開される可能性がある。

報告書のこの部分はテロに対する「サウジの痕跡」に関わるものと見られる。情報の機密解除は犠牲者の家族がテロリストを幇助した疑いのある他の国に対する訴訟を起こすことを可能にする立法行為の採択につながる可能性がある。

「大統領府は6月までに決定を下すだろうとしている。私はこの決定が米国市民を尊重するものであることを願っている」とグラハム氏。

サウジアラビアはこうした議論それ自体を強い苛立ちをもって受け止めている。当局はすでに凍結にそなえて約7500億ドルの米国資産を売り戻すと脅している。

これが米国にとって不快な外交・経済的影響を持つことを恐れたペンタゴンと国務省の代表者らは、この発言を受け、法案を拒否するよう議会のメンバーを説得しようとした。

関連:

CIAからのプレゼント:招来のイスラム主義戦闘員らへのビザ―元職員への独占インタビュー
タグ
サウジアラビア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント