06:56 2018年07月19日
米国企業、オーストラリアへの潜水艦搭載兵器の競争入札に参加

米国企業、オーストラリアへの潜水艦搭載兵器の競争入札に参加

© Fotolia / Paul Liu
政治
短縮 URL
1411

複数の米国企業がオーストラリアの潜水艦に搭載する兵器の競争入札に参加する。これまでは仏の造船メーカーDCNSが注文を受けていた。フランス通信社が伝えた。

フランス通信社によると、潜水艦用の兵器として納入されるのは長距離魚雷のMk-48。メーカーはまたオーストラリア政府に照準システムも提供することとなる。

採用候補として米航空機メーカーのレイセオンの名が挙がっていると同通信社は指摘。

以前、オーストラリアのメディアはフランスが日本とドイツを抑えてオーストラリアへの新世代潜水艦12隻の納入権を獲得したと報道した。メディアの情報では、フランスの勝利はオーストラリアの新しい潜水艦が非原子力発電のバラクーダ型であることを意味する。潜水艦はDCNSが造船すると伝えられている。

タグ
潜水艦, オーストラリア, フランス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント