10:28 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    メルケル首相 日本にNATO加盟を提案

    メルケル首相 日本にNATO加盟を提案

    © AP Photo/ Koji Sasahara
    政治
    短縮 URL
    18179561794

    ドイツのメルケル首相は、2015年3月に日本を訪問した際、突然、安倍首相にNATO加盟を提案した。新聞「ジャパン・ニューズ」が1日、報じた。

    「ジャパン・ニューズ」によると、メルケル首相は安倍首相に、「日本がNATOに加盟して何が悪いのか?私は英国のキャメロン首相とフランスのオランド大統領を説得できる」と述べ、安倍首相は、「失礼にならないよう」にするため、「もしかしたら将来的に」という趣旨の返事をしたという。

    なお記事では、メルケル首相の提案が実現する可能性はほとんどないだろうと指摘されている。

    タグ
    NATO, アンゲラ・メルケル, 日本, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      junobejp
      去年の発言を、なんで今ごろ???
      「安保関連法案」で、既に日本は「東アジア版NATO」に組み込まれているでしょ。
      ▼アメリカの好戦派は東アジアから東南アジアにかけての地域で中国を軍事的に包囲する態勢を作りつつある。「東アジア版NATO」のようなもので、安倍晋三政権が強引に成立させた「安全保障関連法案」、いわゆる戦争法案も深く関係しているだろう。その枢軸として想定されているのが日本、フィリピン、ベトナムの3カ国で、そこに韓国、インド、オーストラリアを結びつけようとしている。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201510010000
      ▼集団的自衛権で日本を「拡大版NATO」に組み込むつもりの米英支配層は庶民の貧困化で兵員補充へ
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201406120000
    • avatar
      catss4
      メルケルみごと 本性むき出しですね
      浅からぬ縁があるはずですよ 田布施日本とは
    • ドイツが当たりくじである確立+10ポイント
    • avatar
      hidea7889
      侵略機構、世界の平和を乱すNATOは滅びるべき
    • unimaro unimaro
      英連邦に入れば?と提案した英国人が過去にいたが、それならわかる。当時の日本ならば、。
      NATOはアジアに足掛かりを、以前から持ちたがっていた。
      だからこそ、アフガンに拠点を設け、中央アジア特にロシアと中国の間にくさびを打つ形でテロを浸透させ混乱に陥らせ国を盗もうとしているし。
      アメ公に言われてのメルケルのこの発言だろうけど、、メルケル自体は「ドイツの(私の)発言権が弱くなる」と、及び腰なんじゃないかなぁ、、それとも「日本からは金と将兵だけ引き出し、うまく利用してやろう」とか、かなぁ?
      もしくは、「日本をNATOに引き入れれば、ロシアと日本の間に亀裂を入れられる、すれば、ロシアは欧州になびくのでは?」もあるかなぁ、、
      メルケルは低能で自分で考えることができないからなぁ、、、
    • avatar
      ohasirasama
      メルケルに日本国憲法9条をドイツ憲法に加えるように提案するべきだろう。これでロシアとの関係も改善されると思うぞ。
    • avatar
      hashimotofoto
      メルケルはカザリアンの何ものでもない!
      今迄ヒットラーをユダヤの敵と言って来ましたが、ヒットラーは全くユダヤです、と言うより
      偽ユダヤの隠れ蓑を着たカザリアン人その分身がEU,アメリカ、ドンメーとして中近東にも居ます。早い話しがオバマ黒人カザリアンの血筋で何処でどう騙されたか知りませんが、彼ももうお払い箱ですね。”なぜ人に高い低いが有るの あなたとSEXして子供が出来る、と言う事は最低限でもあなたと同じ人種です。それを NWOとか奴隷制度の話しをしていますがカザリアン タムルードがそんなにたいせつですか?あなたの回りを見て下さい 楽しい時に笑い悲しい時に涙する。これが本当の生き物心を持った生き物達です。何の変わりが有ろうか! 今があなた達の心をときはなつ時です。あらゆる生き物よ自由に生き倫理を汚す事なく心を解き放て、
    新しいコメントを読む (0)