20:42 2018年09月26日
トランプ 氏

トランプ氏:ロシアの戦闘機撃墜を提案

© AFP 2018 / Michael B. Thomas
政治
短縮 URL
101019

米大統領選挙の共和党候補者争いでトップに立っている、不動産王の実業家、ドナルド・トランプ氏は「ロシアの戦闘機が米国機に接近しても、外交が役に立たないなら、それらを撃墜する必要がある」と述べ「オバマ大統領は、プーチン大統領とすぐに状況を討議すべきだった」と指摘した。

ウェッブサイトBuzzFeedによれば、トランプ氏は、次のように述べている-

「普通オバマ氏を、我々は大統領と我々は呼んでいるわけだが、大統領ならすぐに電話しただろう。オバマ氏は、プーチン大統領に電話して、お願いだから、もうああした事をしないようにと言うべきだった。こうした状況では、オバマ氏は、まずゴルフに行くか、あるいは何か別のことをするのだろう。

まず何よりも米国は、こうした出来事に対し、外交的手段で対応しなければならない。

しかし、それが役に立たないなら、撃ち落とす必要がある。撃墜しなくてはならない。私は真面目に言っている。今回の出来事は、極めて口惜しい。我が国に対する尊敬を全く欠いた行為である。オバマ氏に対する尊敬が全くない。皆さんご存知のように、ロシアで彼は尊敬されていないのだ。」

タグ
ドナルド・トランプ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント