21:38 2017年10月20日
東京+ 16°C
モスクワ+ 6°C
    トルコのダウトオール首相

    トルコ首相:トルコはロシアを必要としている

    © REUTERS/ Murad Sezer
    政治
    短縮 URL
    4789714

    トルコによるロシア軍戦闘爆撃機スホイ24撃墜事件がシリアであったものの、ロシアとトルコは当該地域で依然として重要な国であり、互いに必要としあっている。トルコのアフメト・ダウトオール首相がこのように発言した。

    「我々の方針は以前から変わっていない。ロシアとトルコは常に隣国であり、今日この両国もまた当該地域において重要な国であり続けている。我々はお互いを必要としている。戦闘機の事件はロシアへの敵対を意味するものではなかった」とダウトオール首相は語った。

    ダウトオール首相はまた、以前はロシアとトルコの関係が友好的であったと指摘。「両国関係が将来においても良好であることを望む」と付言した。

    ロシア・トルコ関係は、2015年11月24日シリアでロシアのスホイ24爆撃機がトルコ側により撃墜された事件の後、危機的状況となっている。

    2015年11月24日、ロシア機スホイ24が、シリアで墜落した。ロシアのプーチン大統領は、ロシア機について、シリア上空でトルコのF-16戦闘機の「空対空」型ミサイルによって撃墜され、トルコとの国境から4キロのシリアで墜落したと発表した。プーチン大統領は、テロリストの共犯者たちによる「裏切り行為だ」と指摘した。

    ロシア国防省の声明によると、パイロット1人は脱出して降りる最中に地上から攻撃されて死亡、またパイロットの救助作業を行っていたヘリコプター「ミル8」も攻撃され、作業に参加してした海兵隊員1人が死亡した。

    タグ
    ロシア, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント