15:18 2017年10月22日
東京+ 18°C
モスクワ-3°C
    日露協力

    日本人専門家:日露関係は以前のレベルに回復しつつある

    © Sputnik/ Vitaliy Ankov
    政治
    短縮 URL
    1976191

    東郷和彦京都産業大学世界問題研究所長は、6日に行われた安倍首相とプーチン大統領の会談について、両国関係をウクライナの出来事が始まる前のレベルにまで回復させたとの見方を示した。

    リセット間近の露日関係
    © Sputnik/ Михаил Климентьев
    東郷氏は、日露関係はウクライナの出来事が始まるまで非常によく発展してたが、その後停滞したものの、両首脳は両国関係を以前のレベルにまで回復させることを望み、ソチの会談のおかげで日露関係はウクライナ危機が始まる前のレベルにまで戻ったとの見方を示した。

    東郷氏はまた、日本は仲介役となり、クリミア問題やウクライナでの出来事に関するロシアの立場を西側のパートナーたちに伝え、ロシアと西側の一種の「跳ね橋」となることができるだろうとの確信を示した。

    タグ
    露日関係
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント