00:10 2018年09月24日
「ロシアから見た日本」 週刊ダイジェスト4月24日から30日号、「クリルはロシアと日本の問題ではなくなる」

米国 議員らが露中との情報戦に関する機関の創設を提案

© Fotolia / Pio Si
政治
短縮 URL
2020

米議会のメンバーらは、「中国とロシアのプロパガンダへの対抗」を課題とする新たな連邦機関の創設を提案した。Washington Examinerが報じた。

同機関は、情報戦の遂行を分析するほか、米国の国家安全保障に対する行動を明らかにし、それに対抗するという。

議員らはまた、ロシアと中国が世界中で米国のイニシアチブを破壊するために「虚報やプロパガンダの別の方法を使用している」と考えている。

米議員のキッティンジャー氏によると、米国には「真実の情報を自由に広めることを助け、外国の操作に対応するまたとない可能性がある」という。キッティンジャー氏はまた、このようにして争いを未然に防ぎ、安定性を高めることが可能だと考えている。

 

 

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント