16:22 2019年12月14日
ミシェル・テメルブラジル大統領代行

ウィキリークス、ブラジル大統領代行と米国諜報機関の関わりを暴露

© AFP 2019 / EVARISTO SA
政治
短縮 URL
2221
でフォローする

ポータルウィキリークスは、ミシェル・テメルブラジル大統領代行が過去に米国の軍と諜報機関に協力していたことを示す文書を公開した。

ウィキリークスに公開された最初の電子メールは、同氏がサンパウロからマイアミに送ったもの。マイアミには中南米地域における米軍の指揮本部があった。
この中でテメル氏は、ルーラ・ダ・シルヴァ氏が大統領だった2006年時点のブラジルの政治情勢を説明している。

第二の手紙は2006年6月21日付。ブラジル首都の米国大使館で開催されたまたひとつの同氏と米国外交官の会談について触れられている。トピックは今度も国の政治情勢。同氏は新たな国際貿易協定の締結によりブラジルの経済成長を担保する方法を提案している。

関連:

ウィキリークス:NSAは国連事務総長、メルケル首相、ベルルスコーニ氏、サルコジ氏を盗聴していた
「ウィキリークス」:TPPは巨大製薬会社による市場独占をもたらす恐れあり
ウィキリークス 米国とEUのパートナーシップに反対
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント