01:27 2019年12月10日
米国のミサイル防衛システム

仏 米MDシステムをNATOの管理下へ引き渡すことについての同意を見直す

© AP Photo / Czarek Sokolowski
政治
短縮 URL
1110
でフォローする

フランスの役人たちは、米国の欧州MD(ミサイル防衛)システムをNATOの管理下に移すことに関する同意を撤回した。NATOと米指導部の消息筋が伝えた。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、フランス人の懸念を呼んでいるのはそのプロセスだと報じた。フランス人は、MDシステムが正式にNATOに引き渡されても、実際には米国が同システムの管理を維持する可能性があると考えている。

フランス当局の拒否は、NATOと米国の代表者をひどく不安にさせた。

米国の代表者らは、MDシステムをNATOの管理下へ引き渡すのが延びた場合、ロシアがそれをその意思の弱さや服従と見なす可能性があると考えている。

これを受けて代表者らは、ワルシャワで7月に開かれるNATOサミットまでに決定を変更するようフランスの同僚を説得する方針。

タグ
MD, NATO, 米国, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント