02:57 2018年12月13日
クレムリン

G7諸国の首脳「必要があれば対ロ制裁強化もあり得る」

© Sputnik / Alexander Vilf
政治
短縮 URL
7036

G7伊勢志摩サミットを総括して出された共同宣言の中では、対ロシア制裁は、ミンスク合意が完全に遂行されるまで効力を持ち続ける、と述べられている。

宣言書の中では、次のように指摘されている-

「制裁は、ロシアが完全に自ら負った義務を遂行した時に解除され得る。その際我々は、もしロシアの行動がそれを求めるのであれば、さらなる組織的な措置を導入する用意がある。」

また、その一方で宣言書の中では「G7各国首脳は、ウクライナ危機調整のため、ロシア政府との対話を維持する重要性を確認した」と強調されている。

さらにG7各国は、できるだけ早期に、ドンバス(ウクライナ南部・東部)地方で選挙を実施するよう求めた。

関連:

G7諸国リーダー、日本でのサミットでロシアへの制裁を議論
安倍首相 G7首脳を伊勢神宮で出迎える
イタリアのレンツィ首相 G7伊勢志摩サミットへ参加の途中シベリアに
G7諸国 南シナ海での軍事施設建設に反対
タグ
制裁, G7, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント