15:47 2018年07月16日
ラヴロフ露外相

ラヴロフ外相 トルコとのシリア国境の閉鎖を呼びかける

© Sputnik / Sergey Guneev
政治
短縮 URL
0 260

ロシアのラヴロフ外相は、米国のケリー国務長官との対話で、トルコとのシリアの国境を早急に閉鎖する必要性について述べた。ロシア外務省がサイトで伝えた。

27日、ロシア軍参謀本部のルツコイ作戦総局長は、トルコからテロ組織「アル=ヌスラ戦線」用の武器や弾薬がトラックで運び込まれており、その流れはとどまる気配を見せないと発表した。

シリアでは2月27日に停戦が発効した。なおロシアで活動が禁止されているテロ組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」や「アル=ヌスラ戦線(「アルカイダ」のシリア支部)」、国連安全保障理事会によってテロ組織と指定されているその他の組織は対象外とされている。

 

 

関連:

「ダーイシュ(IS)」戦闘員 硝酸入りタンクで25人を処刑
タグ
セルゲイ・ラブロフ, トルコ, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント