09:05 2018年06月20日
ラヴロフ外相

ラヴロフ外相:ロシアは日本にクリル諸島を渡すつもりはない

© Sputnik / Grigoriy Sysoyev
政治
短縮 URL
2267

ロシアはクリル諸島を日本に渡すつもりはなく、平和条約締結を日本に頼み込んでもいない。ロシアのラヴロフ外相が述べた。

外相は、露紙「コムサモリスカヤ・プラヴダ」の読者たちの質問に答え、「我々はクリル諸島を渡さない。我々は日本に平和条約を頼み込んではいない」と述べた。
またラヴロフ外相は、ロシアはソ連の後継国としてソ連の全ての義務を引き受けたと語った。

ラヴロフ外相は、1956年の日ソ間の合意に従って両国は平和条約を締結するべきであり、「その後で、ソ連が善意の印としてシコタンとハボマイ群島を渡す用意があるという問題につい検討される可能性がある」と述べた。

またラヴロフ外相は、「第二次世界大戦の結果を認めずに領土問題の相互に受け入れ可能ななんらかの解決策について話し合いを行うのは不可能だ。協議では毎回これについて日本のパートナーたちに話している」と強調した。

 

 

関連:

ラヴロフ外相 トルコとのシリア国境の閉鎖を呼びかける
ラヴロフ外相「ロシアには残りの世界との扉を閉じる計画はない」
ラヴロフ外相 ケリー国務長官とシリア紛争解決に関する具体的な行動について協議
ラヴロフ外相「プーチン大統領と安倍首相は、巨大投資プロジェクトについて話し合った」
タグ
露日関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント