20:31 2019年11月15日
米国のオバマ大統領

オバマ大統領 アフガン駐留米軍の全権拡大を容認

© AFP 2019 / Brendan Smialowski
政治
短縮 URL
0 08
でフォローする

米国のオバマ大統領は、アフガニスタンに駐留する米軍人の全権拡大の可能性を規定するイニシアチブを容認した。ロイター通信が伝えた。

グアンタナモ収容所の元収容者 アフガニスタンで米国人を殺害
© REUTERS / U.S. Department of Defense/Petty Officer 1st Class Shane T. McCoy
米国防総省スポークスマンによれば、新しい大統領令により、米軍は、空中からの火器支援を含め、米空軍をこれまでより幅広く利用できるようになる。

1994年アフガニスタンに生まれたイスラム運動体「タリバン」は、およそ1年前、同国の主要都市奪取を図り、積極的な戦いを展開した。

タグ
タリバン, バラク・オバマ, アフガニスタン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント