04:44 2018年09月23日
アメリカ人のロシアの既成概念

米国務省 ロシアについてのジョークに対して支払いへ

© Fotolia / Harvest
政治
短縮 URL
2535

米国務省は2016年2月、同国は約40億ドルを「ロシアによる侵略」対策につかうと発表した。これはロシアの隣国への軍事・経済支援のみならず、情報活動も意味する。

特にプロパガンダに重点が置かれる。米国はウクライナ人にさらに積極的に英語を教える。また欧米メディアに対するロシア人の信頼度を高めようとし、オピニオンリーダーへの影響力を強化する方法も考える。

さらに米国のプロパガンダに忠実なメディアやインターネット社会は、ロシアの現政権やロシアを笑いものにする記事を伝えている。もちろん無料ではなく、米国からお金を受け取っている。

同計画は、国務省と米連邦政府の放送管理委員会(BBG)の文書で述べられている。

BBGは、2017年度の予算案でロシアと中国をテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」と同列に置いている。

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント