01:44 2018年10月20日
英国EU離脱、「決定は帝国主義的野心に起因」とアフガン人専門家

英国EU離脱、「決定は帝国主義的野心に起因」とアフガン人専門家

© 写真 : Pixabay
政治
短縮 URL
Brexit:英国のEUからの離脱 (104)
123

英国のEU離脱で再び新植民地主義の波が起きる。離脱は英国の帝国主義的野心に起因する。アフガニスタンの政治評論員マフディ・パルサ氏はスプートニクからのインタビューに対してこうした見解を表した。

「英国の離脱でEUは著しくその立場を弱くする。統合体としての作業メカニズムは英国が独自の重要な位置を占めていたことから、崩壊に至る。英国がEU離脱を決めたのは帝国主義的野心に基づくことであり、この国はロシア、中国、米国といった超大国と同列に並ぼうとしている。

アフガニスタンでは英国は占領国、植民地主義国として位置づけされている。英国はこうした意図を今日でも捨ててはいない。英国はEU離脱を他にとらわれない政策が行なえ、国力をつけ、自国の条件を歴史的に自分たちの地政学的影響を及ぼしてきた領域に命ずることのできる可能性ととらえている。
英国のEU離脱で再び新植民地主義の波が起きるだろう。」

トピック
Brexit:英国のEUからの離脱 (104)
タグ
欧州, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント