20:13 2018年10月16日
元ポーランド大統領レフ・ワレンサ氏

元ポーランド大統領:私ならロシアの飛行機を撃墜しただろう

© AP Photo / Alik Keplicz
政治
短縮 URL
5240

元ポーランド大統領レフ・ワレンサ氏はバルト海における米海軍駆逐艦へのロシア機の接近の事例について、自分ならロシア機を撃墜している、と述べた。

私がこの船の司令官であり、自分たちの上空をこれらの航空機が飛んでいたなら、私なら撃墜しただろう」。ラジオ・フリー・ヨーロッパとの独占インタビューで語った。

しかも、それが軍事衝突につながることはないだろう、ロシアはそれどころの状況ではないからだ、と元大統領。

「紛争などあり得ない。ロシアは紛争どころではない。それはあまりにも高くつく」。
4月13日、CNNはロシアの戦闘機スホイ24と戦闘ヘリコプターがバルト海でアメリカの駆逐艦ドナルド・クックの上空を飛行したと伝えた。CNNによると、これらの戦闘機は武器を搭載していなかった。

タグ
ロシア, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント