23:06 2017年03月24日
東京+ 6°C
モスクワ+ 8°C
    中華民国海軍

    中国国内に米国との軍事紛争勃発のリスクについて警告する声あり

    © AFP 2016/ POOL / Guang Niu
    政治
    短縮 URL
    73271227

    「南シナ海での領土紛争に米国が介入するならば、それは、軍事紛争につながる可能性がある。」 5日、火曜日、中国の英字紙The Global Timesが、そうした警告を掲載した。

    同紙の中では、次のように述べられている-

    「中国は、短期的な見通しにおいて、軍事関係で米国と競い合うことはできないが、米政府がもし、南シナ海での紛争に武力介入した場合、米国は、高い代償を払うことになるだろう。中国は平和愛好的な国だが、どのような軍事紛争に対しても用意ができていなければならない。」

    7月5日から11日まで、中国は、南シナ海で軍事演習を実施する。

    なお米国行政府は、係争中の海域に対する中国の要求に関しフィリピンが進めていることから判断して、ここ1週間のうちに、中国は自国の対空防衛ゾーン創設に向かうのではないかと憂慮している。

    関連:

    台湾の軍艦、誤って大陸中国にミサイル発射
    南シナ海に対するロシアの立場の真実とは
    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 中国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • ネットもぐら
      各国とも軍(役所)は予算獲得に脅威を演出するが、この火遊び(茶番劇)は一つ間違えると紛争に発展し戦争利権屋に利用され戦争に繋がりかねない危険をはらんでいる、迷惑な話だ。
    • avatar
      junobejp
      アメリカが手下の日本に挑発させて日中戦争を目論んでいるのは、ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」でお馴染み。
      アメポチ工作員アキノ政権でもアメリカとの軍事関係を強化して、南シナ海領有権をハーグの常設仲裁裁判所に提訴し、今月12日に判決予定。裁判官の柳井俊二氏は米国アーミテージに"Show your flag"と言われ、外務省を動かし特別法を成立させ、イージス艦を派遣した。国際法を違反し、無実なイラクの侵略に協力した張本人。
      ですが、新大統領はアメポチを下して、「領有権争いを棚上げする」と発言した親中派ドゥテルテ氏。
      アメリカや手下の日本が卑劣な工作をしなければ中国は、領有権争いをしているフィリピンとも仲良くできるのです。
    • avatar
      ohasirasama
      中国のどこが平和愛好家なのかな。あそこはアメリカと同じく侵略国家なんだけどね。
      とりあえず中国については佐野教授のブログ見ればいいよ。
    • avatar
      catss4
      日本にいるなりすましは 韓国と中国を悪魔化する

      安倍や田布施一味が、愛国心を強調し右派を気取り、朝鮮を敵とみなすのは、
      自らが朝鮮半島出身者であることをカモフラージュするための方便。騙されてはいけない。

      彼らに愛国心は微塵たりともない。愛国を強調すれば、騙せるし、
      中国etc外圧を強調すれば、祭り上げられる構造。
      blog.nihon-syakai.net/blog/2016/05/5638.html

      ☆ 究極のなりすましは サイコパス なので ただ 自国の嘘を 他国への
      悪魔化でごまかしているだけ けれど 自国も愛してはいない。
      やつらは ある 国 になど 所属してはいないのだ。

      otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
       日本史の真実   イエズス会  中露との戦争
      ☆ イエズス会とは 結局 サイコパスの仲間であり ただそれだけで
      中露を悪く言っているだけ
    • unimaro unimaro
      アメ公のやり方は「中国を挑発しているだけ」だからなぁ、、
      本当に解決したいのであれば、全然違う方向で行かねばならないし。
      中国もそれをわかっている。わかってないのはピンだろ。ナムはわかっている様子。
      他は「様子見」していることから見て、「なんとなく危険なので必要ないから関わらない」と。
    • ΛNØNYMØÜS
      中国は平和的友好的な国ではない。
      中国が紛争の火種をつくっている。
      米国と衝突した場合、中国は1年もたないだろう。
    新しいコメントを読む (0)