02:20 2020年10月31日
政治
短縮 URL
0 07
でフォローする

フランスの首相マニュエル・ヴァルス氏の携帯電話にイスラエルの諜報機関が盗聴器を仕掛けた、という噂がフランスのメディアで報じられた。2016年5月に首相がイスラエルを訪問した際に設置されたものだという。

イスラエル指導部との会談前にフランスの代表団(首相とその側近)は携帯電話を取り上げられた。会談後、再び携帯電話を受け取ったとき、携帯電話はやや動作が悪くなった感じがしたという。

イスラエルでもフランスでもこの情報は公式には確認されていない。逆に、両者とも、友好国に対してスパイ活動を行うことはない、と断言している。

元フランス諜報機関高官のアラン・ロディエ氏(現フランス諜報研究センター副所長)はスプートニクの取材に応じ、見解を明かした。

「これは通常の公式ゲーム、並列外交の一部だ。私はあまりこれを重視していない。私たちは決して知ることはない。最悪の場合、これは過ちだ。もしこれが政治家らの技術的な過ちであったなら、明らかに、システム全体が既に変換されている」

また、フランス高等経済戦争学院のジャンヌ・ベイロー教授は次のように述べた。

スノーデンの一件で友人や経済的パートナーが私たちを諜報していることが分かった。経済戦争がある世界に強い友情はない。米国など我々の経済同盟国やパートナーは私たちを諜報する必要がある。軍事用語で言えば、信頼は管理を排除しないのだ。しかし、なぜイスラエルにそれをする必要があるのかは不明だ」

タグ
イスラエル, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント