12:39 2017年09月20日
東京+ 23°C
モスクワ+ 8°C
    「米国人と日本人にとって北朝鮮のミサイル発射は毎回贈り物だ」

    「米国人と日本人にとって北朝鮮のミサイル発射は毎回贈り物だ」

    © REUTERS/ KCNA
    政治
    短縮 URL
    28219506

    米国人と日本人にとって北朝鮮のミサイル発射は毎回贈り物となっている。19日、ロシア下院(国家会議)国防委員会の委員長で元ロシア黒海艦隊司令官のウラジーミル・コモエドフ提督が、ロシアの通信社のインタビューで語った。

    コモエドフ氏は、「米国人と日本人にとって北朝鮮のミサイル発射は毎回、自国のミサイル予算をさらに増大させるための贈り物だ」と述べた。

    コモエドフ氏は、次のように語った―

    「米国と地域の主要諸国は朝鮮統一を恐れている。もし統一が起きたら、力と資金が統一され、北朝鮮の強力な軍が韓国の強力な財源へのアクセスを得る。結果、朝鮮統一による影響の高まりが、地域の経済的、軍事・政治的状況を根本的に変えるだろう。これを理解しているのは我々だけではなく、恒常的な紛争と緊張による半島の弱体化で得をする大勢の人たちも理解している。」

    ロシアは北朝鮮のミサイル実験を支持していない。しかし緊張を高めない問題解決を提案している。

    コモエドフ氏は、「朝鮮問題は解決する必要がある。だが圧力を強めたり、エスカレーションさせたり、地域にミサイル防衛(MD)システムを配備するなどの方法でそれを行ってはならない。奥深くに目を向けて、分断された民族の問題を解決する必要がある」と述べた。

    先に伝えられたところによると、米戦略司令部(US STRATCOM)は、北朝鮮が製造したミサイル3基の発射を確認した

    タグ
    核問題, 日本, 北朝鮮, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント