00:08 2017年03月30日
東京+ 10°C
モスクワ+ 1°C
    西側マスコミ トランプ氏を「クレムリンのエージェント」呼ばわり

    西側マスコミ トランプ氏を「クレムリンのエージェント」呼ばわり

    © REUTERS/ Jim Bourg
    政治
    短縮 URL
    11434129

    米大統領選挙のドナルド・トランプ共和党候補は、新聞The New York Timesの取材で、ロシアとNATOに関する質問に率直に答えたが、その後、欧米のマスコミは、ヒステリックなまでの反応を示した。質問の内容は「ロシアが侵略してきた場合、米国はNATO諸国をすぐに支援するかどうか」というものだった。

    質問に対し、トランプ候補は「NATO加盟国は、借金の支払いを許してもらうことなどできない。彼らには、支払わなければならない義務がある。NATOの多くの国々は、すべきことをしていない。これは重大なことだ」と述べた。

    こうした発言は、西側の多くのマスコミに「トランプ候補はクレムリンのエージェントだ」と報道するきっかけを与えた。新聞The Washington Postは「トランプ候補は、プーチン大統領の『飾り犬』だ」と評し、新聞Slateなどは「プーチン氏こそ、大統領候補にトランプ氏を押し出した『真の勝利者』である」と書いている。また新聞The Atlanticは「米大統領選でのヒラリー氏のライバルは、プーチン氏となった」と指摘した。

    こうした報道に対し、国家利益センターのエグゼクティブ・ディレクター、ポール・サンダース氏はトランプ候補を支持し「彼への批判は、残念であり攻撃的だ」と述べている。

    関連:

    トランプ氏、米大統領就任をかけた戦いに出馬合意
    トランプ氏:米国に他人に何かを教える権利はない
    タグ
    ドナルド・トランプ, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      New York Timesが 日本のマスコミのように 1㌫のアジェンダを広める役割ということが よくよく分かる。
      ばかですね ロシアが攻めてきたら という言葉だけを繰り返している ・・・
    新しいコメントを読む (0)