00:10 2017年03月30日
東京+ 10°C
モスクワ+ 1°C
    トランプ氏

    ナショナル・インタレスト:トランプ氏がNATOを破壊するかもしれない

    © Flickr/ Gage Skidmore
    政治
    短縮 URL
    11166341

    東欧州における活発化にもかかわらず、多くの兆候が、NATOが「瀕死である」ことを示している。しかし上層部はこれに目をつぶろうとしている。ナショナル・インタレスト誌が伝えた。

    トルコの軍事クーデターの試みがNATOに衝撃を与えた。これが成功していた場合は同盟国に軍事独裁政権によって統治される国ができてしまった。しかし、クーデターが失敗したという事実にもかかわらず、トルコの大統領の立場は、民主主義の観点から、より多くの疑問を投げかけ、それがNATOを難しい位置に置いている

    また同盟内部でロシアに対する立場が分裂している。東欧諸国や同盟指導部は、弱さを見せれば「ロシアの侵略」を引き起こす可能性があると考えている。一方で、主要な列強国は、ロシアを刺激しないように呼びかけている。

    しかし、同盟の上に迫り来る最大の脅威は、米国の大統領選挙。ヒラリー・クリントン氏はNATOに関しては現状維持の方針だが、トランプ氏は懐疑的な立場であり、同盟の崩壊プロセスを開始させるかもしれない。トランプ政権は大規模な改革を要求するものと見られ、それが「NATOの棺に打ち込まれる最後の釘となるかもしれない」

    関連:

    露外務省:NATOはトルコでのクーデター阻止の代わりに「ロシアの脅威」に取り組んでいた
    NATOサミットは南シナ海での緊張より世界の安全保障にとって大きな脅威
    タグ
    NATO, ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      トルコのクーデターが成功していれば、NATOは何の問題も無かったかもね?
      CIA企画運営、実行トルコ人、だったんでしょう?ならばNATOにためになるクーデター。
      成功後はトルコ軍がシリアに陸上侵攻したでしょう、大規模で。NATO米軍も。
      だからNATOにもトルコ軍にも問題はでなかった。むしろシリアからいろいろ奪えてよかったのに、という話ではないかなぁ?
      でも、半年後くらいにアメリカがクーデター政権を裏切って親米政治家で民主化させるでしょうね。
    新しいコメントを読む (0)