18:56 2021年01月19日
政治
短縮 URL
204
でフォローする

テロリストによるフランス教会人質事件のため、フランスのフランソワ・オランド大統領はまたもチェコ訪問中止を強いられた。オランド大統領のチェコ訪問中止はこれで2度目である。

以前、オランド大統領は仏ニースのトラックテロのためフランスを離れられなかった。

7月27日、オランド大統領はチェコのゼマン大統領とEU再編問題を話し合う予定だった。なお、前は7月20日に訪問が予定されていた。

7月26日、2人の武装した男がフランス北部のノルマンディーにあるルーアン近郊の町サンテティエンヌ・ドゥ・ルブレの教会で5人を人質に取った

タグ
フランソワ・オランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント