10:41 2018年06月24日
駐米フランス大使:EUは損失を考慮し対ロ経済制裁を解除する可能性あり

駐米フランス大使:EUは損失を考慮し対ロ経済制裁を解除する可能性あり

© Sputnik / Vladimir Sergeev
政治
短縮 URL
1120

対ロ制裁とロシアの対抗制裁がEUに与える経済的損害により、対ロ制裁が解除される可能性がある。駐米フランス大使ジェラール・アロ氏が木曜、ワシントンの大西洋評議会で述べた。

「私なら制裁が毎度延長されることに賭けるリスクを冒さない。いつか一部欧州諸国のリーダーが、済みませんが制裁には効果がなく損失を出しているので何か別の手を打ちましょうと言う日がくると思う」

ロシアと西側の関係はウクライナ問題で悪化。 2014年7月の終わりにはEUと米国の制裁は特定の個人や企業への制裁からロシア経済の一連のセクター全体を対象とするものに変わった。

Goldman Sachs Group Incを含めて外国の銀行は、米国やEUが、集められたお金は、制裁下に置かれた会社に送られると警告したため、こうした債権をこれまで回避していた。

関連:

メルケル首相 対ロシア制裁解除を目指すと語る
対ロシア制裁で世界は約600億ドルの利益を貰い損ねる
ロシア外務省:対ロ制裁延長はEUの近視眼的政策
タグ
制裁, EU, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント