14:49 2017年09月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 4°C
    ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官

    ロシア外務省、西側はメディアに対しアレッポでの化学兵器使用について書く「強さを見つける」よう呼びかけ

    © Sputnik/ Valeriy Melnikov
    政治
    短縮 URL
    3876170

    ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官はシリアで行われた犯罪に注意を払うように西側メディアに呼びかけた。

    報道官はFacebookで、過激派「ハリャキャト・ヌル・アディン・アッジンキ」は繰り返しアレッポでの女性や子供の殺害について非難されている、と記した。にもかかわらず組織は米国に「穏健派」と分類され、支援されている。

    報道官によると「米国と有志連合空軍はダーイシュ(IS)の具体的施設ばかりか市街地をも攻撃している」。

    外務省によると、7月19日にメンビジェにおける作戦が始まって以来、米空軍と有志連合の航空機は市街地に90以上の空爆を行い、民間人数百人が死亡、数千人が負傷しているという。

    西側、特に米国が、これらの事実に気付かせないよう又しても全力を尽くすなら、「シリアの流血を終わらせる」ことについての彼らの話のすべては、単にばかげたことになる。西側メディアが同組織の犯罪とその資金源について書くための強さを見つけることを強く願っている、とザハロワ氏。

    先に伝えられたところによると、テロリストが、シリアのアレッポの住民居住区を攻撃した際、化学物質を含んだ砲弾を使用した。

    関連:

    日本 シリアの子供達へのワクチン接種キャンペーン支援へ30万ドル拠出
    シリアで撃墜されたロシアのヘリの飛行士らは最後の瞬間まで地上の人々を救おうとした
    ロシア国防省、シリアでMi-8ヘリ撃墜を確認
    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント