01:35 2021年09月19日
政治
短縮 URL
3280
でフォローする

米国はロシアとの関係を改善し、共にテロ組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」を倒すべきだ。米ウィスコンシン州の党大会で今日、共和党大統領候補トランプ氏がこのような立場を表明した。

トランプ氏は次のように述べた。
「ダーイシュとはけりをつけないといけない。我われは米軍の力を再建し、自らのほうに他国をひきつける。ちなみに、ロシアと仲良くできたらすばらしくないかい?ロシアは力強く、勇敢にクールに発言している。ロシアや他国と仲良くし、共にダーイシュをノックアウトできたらよくないかな」

先に伝えたられたところ、トランプ氏はミラノ紙『コリエーレ・デラ・セラ(Corriere della Sera)』のインタビューで、米露関係の回復は全世界の利益となるとの確信を表した

関連:

トランプ氏、ロシアから資金を受け取ったとしてクリントン氏を非難
トランプ氏、米大統領選挙で結果を改ざんされることを危惧
トランプ氏:クリミア市民はロシアに留まりたがっている
タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント