00:31 2020年06月03日
政治
短縮 URL
375
でフォローする

北朝鮮は、核先制攻撃を計画しているとして米国を非難した。

北朝鮮は、米国が太平洋地域に10年ぶりに戦略爆撃機B1Bを派遣する意向を表明した後、このような声明を表した。NDTVが伝えた。

米空軍が7月末に発表した声明によると、爆撃機は6日にグアムの軍事基地にB52の代替機として展開されることになっていた。

北朝鮮は米国について、「核兵器を動員する方法で北朝鮮を『倒す』試みをさらに明確に表現するようになっている」として非難している。

NDTVは北朝鮮メディアの報道を引用し、「核戦力の強化というこのような行為は、米国の帝国主義者たちが北朝鮮への核先制攻撃を準備しているということを再び示している」と伝えた。

先に伝えられたところによると、日本政府は近日、北朝鮮ミサイルまたはその破片の常時迎撃態勢を導入すると指摘した。

関連:

米国人ジャーナリスト:米国はもう朝鮮半島から撤退するべき
北朝鮮を脅威、中国を懸念の源とみなす日本。ロシアにはどのようなポジションが与えられたのか?
米国と日本、北朝鮮のミサイル発射にともない国連安保理緊急会議招集へ
タグ
核兵器, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント