12:55 2017年11月24日
東京+ 11°C
モスクワ-5°C
    チャヴショグル外相

    トルコはロシアとの対ダーイシュの共闘についてのNATOの意見に無関心

    © AP Photo/ Burhan Ozbilici
    政治
    短縮 URL
    0 1050252

    トルコの メヴリュト・チャヴシュオール外相は今日11日、トルコはシリアでの対ダーイシュ(イスラム国、IS)共同作戦の可能性をロシアと審議する準備があると声明した。

    チャヴシュオール外相は次のように述べた。

    「ロシアとの関係危機にかかわらず、トルコはその時期でさえダーイシュと共闘するようにとの呼びかけを続けていた」

    ダーイシュ戦闘員がどこにいるかは我われには明らかだ。我われは対ダーイシュ作戦に集中するよう社会に常に呼びかけてきた」

    「唯一述べたいことは、NATO加盟国ではない他国との我われの接触は、例外的なものではない。NATOは我われの他国との接触を制限することはまったくできない。これは、NATOは自らの条件を我われに押し付け、我われが誰と会うべきか、誰と付き合うべきでないかを言う権利がNATOにあることは意味しない。なぜならトルコは自らの外交政策を構築する上で独立した国だからだ」

    関連:

    NATO最高司令官、ロシア軍の力に感銘
    フォーブス:ロシアは黒海におけるNATOと米国の計画を壊した
    ケリー米国務長官、NATOからの排除をトルコに示唆
    タグ
    露土関係, NATO, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント