00:19 2018年07月20日
尖閣諸島

中国との領土紛争に日本のミサイルが参加?

© AP Photo / Emily Wang
政治
短縮 URL
0 1220

日本政府は係争を抱える尖閣諸島(中国名釣魚)を含む東シナ海の遠隔地の防護を強化するために、沖縄県の先島諸島に携帯式ミサイルランチャーを展開することを計画している。

日曜読売新聞が伝えたところによると、地対地クラスの新しいミサイルの予想される射程は離島を防護するのに十分である約300キロ。

本プロジェクトの実施のための推定費用は2017会計年度(2017年4月1日に開始)の予算に含まれる見通しで、携帯式ミサイルシステムの配備は2023年までに完了される。

前に、日本の外務省は中国に対し、係争を抱える尖閣諸島(魚釣島)付近の貨物船とスクーナー船の衝突後、6人の中国人船員を救出したことについて、通知した。

関連:

中国、海上の民族戦を準備?
中国が係争諸島周辺にレーダー設置 日本は抗議
タグ
ミサイル, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント