09:40 2020年08月04日
政治
短縮 URL
2132
でフォローする

プーチン大統領とトルコのエルドアン大統領との和解に続くクリミアへの最新鋭の対空ミサイルシステム配備は、「NATOの神経を逆撫でする」ことを目的としていると英紙タイムズが報じている。

タイムズ紙はロシアの軍事プレゼンスの強化と、NATOを震撼させた軍事クーデター未遂を起こしたトルコとが関係を改善したことについて、ロシア政府の隠し持つ意図は不可解と首を傾げた。またプーチン大統領がセルゲイ・イワノフ元大統領府長官の解任を決定したことも、ロシア政治の専門家らは予想外と驚きを隠していない。

タイムズ紙は、ロシアはNATO内の意見の相違を逆手にとって自国に有利に利用するという見方を示している。一方のトルコだが、すでに国防分野で新パートナー探しを表明しており、NATO内ではこれはロシアを指したものととらえられている。タイムズ紙はNATOはトルコ加盟には異議を示していないものの、トルコは西側から次第に乖離している感がぬぐえないと指摘している。

関連:

トルコ領内の米核兵器がテロリストに奪われる可能性を見落とす
プーチン、エルドアン両大統領の連合は世界のパワーバランス変える可能性
タグ
露土関係, NATO, トルコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント