21:05 2020年11月25日
政治
短縮 URL
3244
でフォローする

ドイツのメルケル首相は、EUはまだ先に導入した対ロシア制裁を解除するべきではない、と述べた。理由はウクライナ危機をめぐるミンスク合意の不履行という。

「ヨーロッパは基本的な原則への違反には応答しなければならない。これが将来も制裁が有効であるべき主な理由である」。ドイツのメディアグループレダクツィオン・ネッツヴェルク・ドイツ(RND)のインタビューで述べた。

ミンスク合意が尊重されるようフランスの大統領と一緒に「ウクライナおよびロシアと全力で仕事」しているところだ、と首相は強調した。

7月、対ロ制裁を2017年1月31日まで半年延長するEUの決定が発効した。

関連:

メルケル首相 ドイツの防衛費を増額する必要がある
メルケル首相のヘリ使用が禁止
タグ
制裁, アンゲラ・メルケル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント