02:37 2020年10月31日
政治
短縮 URL
2116
でフォローする

バイデン米副大統領がウクライナのポロシェンコ大統領に、同国前検事総長を罷免するように要求し、そうでない場合は10億ドルの融資を撤回すると脅したという情報が水曜日24日に現れた。バイデン副大統領自身が米メディアに伝えた。

バイデン副大統領によると、少し前にポロシェンコ大統領に次のように述べたと言う。

「ペトロ(ポロシェンコ大統領)、あなたは10億ドルを受け取らないだろう。これはあたりまえだ。あなたは検事総長を置いておくことができる。ただわかってください。我われ(米政府)は、あなた(ウクライナ政府)がそのように行動するならば、支払わない」

この要求のすぐ後の2016年4月3日、ポロシェンコ大統領は当時の検事総長であったショキン氏を罷免したと、米誌『アトランティック』は指摘した。

当時ポロシェンコ大統領はショキン検事総長の罷免の理由を、一連の院内会派がショキン氏の仕事に不満を覚えていたからだと説明した。

先に伝えられたところによると、ウクライナ、クリミアとの国境の部隊の戦闘能力を強化されたものにした。

関連:

プーチン、ポロシェンコ両首脳がサフチェンコ問題を討議
ポロシェンコ大統領 明仁天皇をウクライナへ招待
ポロシェンコ大統領は安倍首相にウクライナのおとぎ話を語る
タグ
ウクライナ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント