23:56 2019年11月21日
ラトビア

ロシア大使 ラトビアにおける嫌ロシア感情を指摘

© Fotolia / Mbonaparte
政治
短縮 URL
0 49
でフォローする

「ラトビアのマスコミの中には『嫌ロシア的な雰囲気』が感じられる。またラトビアの警察官らは、ロシアの民間組織に対し偏見を持って接している」―ロシアのアレクサンドル・ヴェシニャコフ駐ラトビア大使は、このように指摘した。

ヴェシニャコフ大使は、ラトビアの首都リガのモスクワの家で27日に開かれたロシア同胞会議であいさつに立ち、次のように述べた-

「現在ラトビアのマスメディアの報道には『嫌ロシア的感情』が見られる。また特に治安維持諸機関においては、ロシアの非政府系組織や世論の代表者達に対する偏見がある。

ロシアを残りの世界から絶縁させようとする試みがなされている。一部の国々は、ロシアの孤立化を試みているが、そうしたことは不可能だ。」

関連:

独外相 ロシアに背を向けないよう呼びかける
専門家:西側のロシア悪魔化は冷戦時代を超えている
タグ
ラトビア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント