06:52 2020年05月26日
政治
短縮 URL
2290
でフォローする

ロシアを悪魔化する西側の政策は冷戦時代を超えている。ロシア下院国際問題委員会のアレクセイ・プシコフ委員長がモスクワで開催された世界フォーラム「ロシアとの団結」で述べた。

「もちろん単なる冷戦ではないが、西側諸国のある種の外交政策はたしかに冷戦を思わせる。しかしもちろん、プロセスは異なる性格を有し、冷戦時代のようなふたつの理念政治と経済システムの衝突にはなっていない。しかし衝突の激しさの度合いは冷戦時代より高い」

「ロシアを悪魔化するキャンペーンがこれほどのスケールであったことはない。ロシア指導部の悪魔化に関してこれほど強烈な努力がなされたことはない」と委員長。

先に米国のマスコミはトランプ氏があまりにも親ロシア的立場であると非難したヒラリー・クリントン氏の演説を嘲笑した

関連:

世論調査:独住民の半数がメルケル首相の続投に反対
ロシアと米国、シリア協議の最終ラウンドを終了
タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント